HOME > お役立ち情報

お役立ち情報

お引越しに関することで、ちょっとした役に立つ情報をまとめてみました。 スムーズに引越する為に、知っていて便利な荷造りの仕方のポイントや、引越までにすることや引越業者に依頼する内容や流れ、また、引越準備に必要なことリスト、その他公共機関への住所変更依頼等の連絡先など必要な情報をご活用ください。

荷造りの仕方

箱の組み込み

引越し専用ダンボール

大ケースには衣類や雑貨など小さくてかさ高いものをおつめ下さい。
小ケースには食器や本など少量で重くなるものをおつめ下さい。
お引越先のお部屋に番号を決め、ダンボールに書いて頂けると ご希望のお部屋までスピーディにお届けできます。
箱の底の組み込みはおやめ下さい

家具類

引越し専用ダンボール

家具類の引き出しの中身は構造上負担にならない程度まで抜いておきます。
衣類はそのままで結構です。

調味料

引越し専用ダンボール

調味料は卓上容器から大きなビン類、容器にまとめます。
ビン同士が触れ合う部分に新聞紙等を巻き、ダンボールケースに並べます。

衣類

引越し専用ダンボール

衣裳ケースやハンガーBOX(ヒカリにて無料レンタル)に入れます。
引越先で整理しやすい表示もお忘れなく。

寝具

引越し専用ダンボール

ふとんの間にわれ物を混入させ、クッションがわりにすることは禁物です。
ふとん袋(ヒカリにて無料サービス)に見合った量ずつをたたんで入れます。

人形ケース・ガラス戸・額

引越し専用ダンボール

人形ケースの人形はケースから出し、別のケースにクッション材を入れて梱包します。
人形がケースに固定されている場合は、人形のまわりにクッション材を入れ、人形ケースの上下に新聞紙等をあて、十文字にヒモがけをします。
額やガラス戸は上下を新聞紙等で保護し、前面のガラスは露出したままヒモがけをします。
われ物注意の表示をしましょう。

照明器具

引越し専用ダンボール

あらかじめランプ/傘のほこりを払い、引越先ですぐ使用できる状態にしておきます。
取付金具はテープなどで傘やコードに付けておきます。(紛失防止)

書籍

引越し専用ダンボール

書籍類は小型のダンボールケースにまとめます。ダンボールの底はガムテープ等でしっかりと梱包してください。

石油ストーブ

引越し専用ダンボール

灯油はすっかり抜きます。 まわりをきれいに拭いておきます。

小物類

引越し専用ダンボール

これを機会に必要なものと不必要なものを思いきって判断し、合理的な整理を行います。
各引き出し別、押入別等に分けてダンボールケースに入れます。

冷蔵庫・洗濯機

引越し専用ダンボール

中身は空の状態にします。
前日にコンセントを抜き、水落としを十分にしておきます。

植木鉢

引越し専用ダンボール

小さめの鉢類は、ダンボールケース類に並べます。
大きめの鉢類は、鉢の部分を新聞紙でくるみます。

食器等ワレモノ

引越し専用ダンボール

われ物同士が触れ合わない状態に、クッションシート・新聞紙等で丁寧に包みます。
皿や茶碗類は、上下に重ねるより、横重ねの形でつめる方が壊れにくい。
われ物注意の表示をしましょう。

貴重品み

引越し専用ダンボール

引越荷物にまぎれこまないよう、手荷物とともにお持ちください。
<ステレオ・ビデオ・パソコン等精密電気製品>
ご購入時の専用ケース(クッション材入り)があれば、入っていたとおりに入れ直します。
すでに処分している場合は、可能な限り厳重な梱包をします。

刃物

引越し専用ダンボール

刃の部分は厚紙で巻いてテープで止める。

引越の流れ

引越のながれを説明致します。
ここでお伝えしたいことは、以下の点です。それは、引越作業は業者さんまかせだけではない、ということです。引越は段取で6割がたが決まります。引越業者さんを選ぶことと同じくらい、段取りよく準備していくことが引越作業を円滑に進めるのに重要なことなのです。

引越までにすること

  • 引越スケジュールを作成します

お引越のおおまかな、日程スケジュールをつくってみましょう。

  • 引越先の下見

お部屋探しの時点で、引越先を確認していても、”いざ、引越!”という前にも、もう一度引越先の下見をすることをお勧めいたします。引越当日にトラックや、荷物がはいらない…といったことがないように十分にチェックを。

引越し先の下見時のポイント
引越先の下見時のポイント
[引越先の道路状況の確認]
  • 引越先の道路の幅
  • 路上駐車の車輌が多いか
  • 高さ制限のある高架や門がないか
  • 看板などが道路まではみ出していないか
  • 一方通行でないか
  • 時間帯によっての交通規制がないか

といった点が主なチェックポイントです。

[コンセントの位置などの確認]

コンセントの位置・電話線の位置・アンテナの引込み線の位置を前もって確認しておきましょう。 これらの位置によって家具などのレイアウトが変わってきます。

延長コードが必要かどうかも確認しておきましょう。

[収納スペースの確認]

新居の収納スペース(押入やクローゼット)をしっかり確認しておきましょう。今のお住いとの収納スペースに差があったら、モノがあふれてしまいます。

この機会に、思い切って処分するのもいいかもしれません。

[家具のレイアウトの確認]

家具のレイアウトを考えましょう。この際、コンセントの位置も忘れずに考慮にいれておきましょう。

レイアウトを考えるポイントとしては、変色する可能性のある家具などは日のあたるところは避けること、壁と家具の間を少しあけて湿気を防ぐこと、生活動線を考えること、などです。

お引越当日に考えれるとなれば、時間がかかってしまいます。 必ず事前に家具のレイアウトを考えておきましょう。

  • 引越業者への依頼

引越業者さんに依頼するか、自分でやるかを決めます。レンタカーで引越する場合はワンルームか、1DKまでと考えておいたほうが良いでしょう。

それ以上でしたら、引越に要する労力を考えますと、業者さんに頼むほうが楽です。また、プロと違って家具や家屋に傷をつける可能性が高く、引越業者さんに依頼するほうが無難です。

普通運転免許で運転できるのは4トンまでですが、普段トラック乗りなれてない人は2tを越えるトラックを運転することは危険です。

  • 貸主(新居)への連絡

引越日が決定しましたら、新居の貸主さんに、引越日の連絡をいれておきましょう。

トラックを止めやすいよい場所を確保してくれたり、エレベーターを専用にしてくれたり、いろいろと便宜をはかってもらえます。

3月4月の引越シーズンの場合、他の入居者とぶつかってしまう場合もあります。こういう情報を前もって仕入れておきましょう。

  • 諸手続きの実施
  • 小荷物の箱詰め

小荷物の段ボール積めをしっかりおこなっておきましょう。

冷蔵庫は前日の就寝前にコンセントを抜いて、中身は空っぽにしておきましょう。 洗濯機の排水ホースなどの水抜をしっかりし、石油ストーブなどの灯油は抜き取っておきます

引越先せすぐ開ける必要がある箱は、その旨を目立つようにしっかりと書いておきましょう。

  • 旧居の掃除

今までにお世話になった御礼の意味を込めてしっかりと掃除をしましょう。

  • ゴミ処分の手続き

お引越のおおまかな、日程スケジュールをつくってみましょう。

引越2〜3日前にすること

  • 荷物リストの作成

段ボール積めが終ったら、段ボールに書いた同じ内容をノートなどに記入して荷物リストを作成しましょう。

荷物リストには、通し番号、箱の中身、新居での置き場所を一覧にまとめておきましょう。

(例) No.51/食器/台所

  • 他に忘れていることがないかの最終確認

これまでにやっておくべきことで忘れていることはないか、しっかりチェックしましょう。例えば、クリーニングの引取は済んだか?借りたものは返却したか?などです。

  • 近所への挨拶

ご近所や知人などに挨拶や連絡し、その際に引越しで迷惑を掛ける事を詫びておきましょう。

1人暮らししている方は、大家や管理人に挨拶し、部屋の明け渡しやカギ返却の段取りをつけておきます。

引越当日にすること

雑巾 雑巾、マジック、ビニール袋などを用意しておきましょう。いろいろと便利ですよ。
  • 手持ち品のとりまとめ

現金・各種通帳・貴金属などの貴重品は必ず自分自身で管理しましょう。

  • 積み残しがないかをしっかり確認

引越屋さんまかせにせず、自分自身でしっかり確認をしましょう。

  • 料金の精算

電気、ガスなどの精算のお金や、引越し業者への支払、昼食代など、お金が必要です。これらの金額を分けて封筒などに入れておくと便利です。

引越先ですること

  • 引越荷物の確認

引越荷物の確認をしっかりしましょう。もし、荷物の一部が壊れていたり、大きな傷を発見した場合は、すぐに引越業者さんに連絡しましょう。

引越業者さんの責任は荷物を引き渡した日から3ヶ月以内となっています。発見が遅れますと、事故原因、因果関係が不明瞭になるためできる限り、引越が終了したら早めに荷物の確認をしましょう。

  • 近所への挨拶

引越したら、新居の貸主さんやご近所に挨拶に行きましょう。 できればその日のうちに、無理なら翌日までには済ませましょう。

挨拶の範囲は一戸建てなら向こう三件両隣、アパート・マンションでは両隣と自分の上下階の部屋というのが一般的です。

引越前に粗品(500円から1,000円程度でよいと思いますよ)を用意して挨拶に行き、引越の際の迷惑を詫びるようにしましょう。

  • 諸手続きの実行

お引越のおおまかな、日程スケジュールをつくってみましょう。

  • 転居通知の発信

お引越のおおまかな、日程スケジュールをつくってみましょう。

引越しのチェックリスト

引越に関するチェックリストをご利用の方は、こちらのPDFをご覧ください。